ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の一息…浅井くんとさらくわ体験講習に行く。あとロールの練習のまねごと。

前日に、花火ナイト(シーカヤックでパルケの花火を見に行こう)企画があったのですが
仕事の関係で行けないので、今日は学生時代の後輩・浅井くんをロッジさらくわの
シーカヤック体験講習に連れて来ました。

010826web

夏の忙しい時期なのに、なんと滝さんジキジキ講習会。なんとありがたい。
それにしても滝さんと漕ぐのは久しぶり。

さて、問題の浅井くん。実は僕がシーカヤックにはまりはじめた頃、いっしょにパドルコーストの
講習会に来た事があるのですが、3年ぶり2回目とはいえ目覚しい上達ぶりです。

午前はまっすぐ進まないことに、悩んでいましたが、午後になったら「どこまでいくねん?」
ってな感じで力も抜けて、まっすぐめちゃスピードで漕ぎはじめます。はっきりいって私の
巡航スピードをこえて走り出したのでビビッたつーの。(^^ゞ

午後からは最近クッキングに目覚めた小田クジラあにぃが合流してきたので、
浅井くんが沈脱の練習をさせる横でおいらのロールの練習につきあってもらいました.
…でも上がらないので、とりあえず舟先かりてフィップフリックの練習。
フィップフリックの練習を何回かやって満足したから今日はやめました。…はははは。なんと意思の弱いこと。


関連記事
スポンサーサイト

涙の数だけの話。

前回の「つづく」から続かない話です。
ははは。

先日、友人から泣けなくなったと話を聞きました.

飼っている犬が死んだ時、
1匹目、2匹目は涙が止まらなかった。
けど3匹目の時、涙が出なかった。
先日、じいちゃんが死んだ時も涙が出なかった。
父親が死んだ時、強い父親が死んだ時、
誰にでも死が訪れると思ったとき
死が怖くなくなった。

と言ってました。そして、

死になれるとそうなってしまうんやか?
死んだ時、涙が出なくなったのは
人として終わりやろか


と悩んでいました.

ボクは思います。
感情の表現は、ひとつやないなぁと。
悲しみの表現は。

そう言う友人は
じいちゃんとの思い出を懐かしみながら
語っていました.

思い出を懐かしむ…
じゅうぶん、悲しみの表現やと思います。

涙がそのものは問題じゃない
その人との思い出を大切にする事
それが大事かなぁと思います。

なんか友人の悩んでいる事に
問題のすり替えをしているような気がしますが
そんな事を思いました.

そう考えていた時、時期も時期なので
日本のお盆や何回忌やらで親戚が集まったりするのは
いい文化やなぁとふと思いました.
「そうせんと思い出さんのか?さびしいやちゃなぁ」と
つっこみ入れられそうですが
単純にそう思いました.

関連記事

お盆ツーリング贄浦~古和浦~錦~古和浦のはずが…。「とびうお女帝」改めとびうお姫さまご乱心?!とびうお史上最強のランチ登場!!

今年のお盆は大将が遊んでくれないので
とびうお初、自前キャンプツーリング!!場所は無難に南島周辺で遊ぶ事にしました。
今回の参加者は、みんな都合がバラバラなのでみんな都合のいい日に合流する形に。
さて、14日初日。今日は贄浦~みえ島~古和浦ツーリング。
早朝から、15日で帰る僕はまずは15日のキャンプ地・錦の浜に愛車ラシーンを止めてから
出艇場所の贄浦へ。…これがあとで恐ろしい事になるのだな。

贄浦に降り立つと…風強いんですけど…。
海水浴の家族連れのタープやらテントが風に羽ばたき今にも飛んでいきそう
とびうお軟弱系の3人、丸ちゃん・おだけん・おいら達は一瞬目が点に。
「ちょっと用事思い出した。」と逃げようとする丸ちゃんと、
「ここでチャプチャプして飯作ってビールのもう」というおいら達逃げ腰の2人を無視して、
正直まじめ一直線のとびうおの影の支配人「おだけん」氏によって、とっとと
3人分のカヤックを車から降ろされてしまいました。

そんなわけでとりあえずみえ島うらの浜に向かって出発です。
湾をでるとそう思ったほど波はうねっていません。
みえ島の外側を通るコースをとります。
しばらく漕いでいると、…あれ?丸ちゃん、おだけん二人のスピードにおいらついていけません。
なんか体に切れが無いというか、体が思いというか…どんどん置いていかれます。
実家でお盆帰省でビールの飲みすぎ?…なんだろうと思いながらとりあえず漕ぎます。
スタミナ切れかなぁそう言えば朝飯朝3時に食ったっきりやもんなぁとお昼のご飯に
意識を集中して浜を目指します。頭の中は飯の事だけ。(^^ゞ

さて浜に上陸、お昼の準備♪。今日のお昼はそうめんです。
唯一、一人暮らしの私の忠告もきかず、
「食える食える」とドバドバそうめんの束をいれるジタッキーズの丸ちゃんとオダケン氏。
出来上がりは想像どおり、めんが膨らんでドバーッとそうめんだらけ。トホホホ…。
入れた張本人、まるちゃんとっととリタイヤするしー。
でも、暑い日差しの中の冷たいそう-めんは美味しかったー。
食後はポケターンとしてみえ島名物・ナチの滝をみたりしながらすごしながら過ごし、
さぁ出発。古和浦・ロッジさらくわを目指します。

漕ぎ出すと、あれだけあった風がありません。波も無し。凪凪。あるのは照り付ける日差し。
ただただ暑いっす。
昼飯をバッチリ食ってバリバリ漕ぎのはずが…ありゃりゃ、また二人にどんどん話されます。
食いすぎ?暑さにばてた?よく分からんけど
(気持ち悪いとかそんなんは全然なく、体がなんか切れがない?)とりあえずチンタラちんたら漕ぐ漕ぐ。
こんな時、本当に2人に悪いなぁと思います。気をつかわせちゃって。
先に言ってといいたいが、それも怖い。むずかしいねぇ。

010814-01

そんなわけで、古和の湾の入り口がみえたときは、ほっとしたのでした。
1日目の夜は、3人に三輪田くんが加わって、キムチバーベキュー。
丸ちゃんが酔っ払って電話魔とかして手におえませんでした。
えぇ、私は大人しくお酒をたしなんでいましたよ。…たぶん。
この夜は星が綺麗でおました。
そして涼しく。快適睡眠。

が、それは日が登るまでの幸せ。
朝日が登りだすと、テントは蒸し風呂。
目覚まし無くても早朝から起きれます。(T^T)

でも朝露いっぱいで、朝日の斜光をあびた風景は
ちょっとヨサゲ。

さて、二日目です。
朝ご飯は、キャンプツーリングですので、気持ちい朝日を浴びながら、
三輪田っち、丸ちゃん、僕たち3人は、すがすがしい気持ちで、
「滝さん、モーニングセット3つおねがい!!」と言いました.
えぇ、これこそキャンプツーリングの醍醐味!!
…すみません軟弱で。
でも、ほかほかのクロワッサン。甘いみかん。美味しかったぁ(^^_)ルン♪
今日は錦の浜へレッツらゴーです。
夜の内にオダケン氏は帰宅、朝からニッシー西山氏とミッチー渡辺さんが合流、
三輪田くん、丸ちゃんとぼくで今日は5人。ゆっくりと出艇準備です。

今日の夜は錦でキャンプ。何にもないので、全部シーカヤックに積まねばなりません。
テントから、お昼の用意、着替え、夜のバーベキューセット、大量の水、他いろいろ。
みんなで荷物を分担して無理やり積み込んでいきます。
全部積み込むと、カヤックがいつもの倍以上の重さに感じる。こうなったら一人で持てないので
みんなで協力して海にカヤックを浮かべます。
いつものパドルコーストのキャンプツアーでは、こういう苦労を全部スタッフがしょってるんだなぁ
と改めて感心しました。

さて出発、台風が接近しているということなので、とりあえず湾口まででて様子を見る事に。
それにしてもシーカヤックおもいよぉ。
とちゅう座佐付近であべっくカヤッカーに遭遇。ヨチヨチ漕ぎのおネェさんとそれを見守るおにぃさん。
あの漕ぎ方は疲れるだろうなぁ、大丈夫かなぁと思いつつ、ちょこっと挨拶して通過。
えぇ全然羨ましくないですとも。ないってば。

座佐を越えて湾口にでるとちょっこっとうねり気味。このメンバーなら錦へ行けないこともない状態。
でも、明日の状態がもっとひどくなる(錦から出艇できなくなる)可能性があるので錦キャンプを中止、
方座浦方面にちょこっと行ってみてまた古和に帰る計画に変更しました。
えぇ、とっとと座佐に上がってビールを飲んでボケボケしよう案は、ニッシー西山氏のパドル水かけ攻撃で
とっとと却下されました。誰だ、そんな軟弱案を提案したのは!!漕ぎ系とびうおあるまじき発言。

そんなわけで、方座浦方面へ漕ぎます。
そうそう昨日がうそみたいにこの日はからだの切れがよかったです。
夜の丸ちゃん焼酎イッキコールのせいか?、朝の滝さんのおいしいクロワッサンのおかげか?
体の調子もよく、お天気もいいとほんとうに気持ちよく漕げます。
まわりの景色もちゃんと目に入ってくるし。しあわせって感じぃ~です。

さてお昼にちょうどいい浜があったので上陸。
しばらく、シュノーケリング組とビールぼけー組に別れてゆったりとした時間をすごしました。
そうそうシュノーケリングセットを持ってこようと言う話がお盆の前半にMLでやりとりがあったみたいで
その間パソコンのない実家にいたおいらはそんな事も知らず、荷物を少しでもへらそうと
シュノーケリングセットを錦のラシーンに置いてきてしまったオイラ。(T^T)クゥー

(教訓1)テントを置いてきてでも、遊び道具だけは忘れるな。

です。付き合ってくれた三輪田っち、ありがとう。

さて、お昼ごはん。
今日はお料理・お掃除好きのミッチースペシャルスパです。
010814-02
三輪田っち
「手伝いましょうかぁ?」

みっちー様
「あ゙ー、さわんなやー。いらうなやー。
うちがつくってんやからなぁー(`へ´)プンプン」

三輪田っち
「………」

010814-03
ミッチー様
「はははー。もーどうにでもなれー!」
まるちゃん
「そうですよねぇ~」

にしやまっち
「………」

010814-04
< ふぅ… >

そんなわけで、大将のツアースパを上回る
ニッシー西山氏のぺペロンチーノもどきを
さらにもっと強烈に上回る
とびうお至上最強の無国籍料理ランチスパの誕生です!!
料理画像は自主規制でちょっと載せられませんが…。

ハムがとっても美味しかったー。(#^_^#)
舌のこえたジェームス中村氏に
是非たべていただきたかった逸品です。

さて、帰りしたくです。また荷物をみんなで振り分けます。
また出発地点に戻るのに、何のためにこんなに荷物をもってきたのか…。
ちょっとかなしいけど、こんなハプニングもまた思い出。
帰り道はまた昨日とおんなじで風もなく波もなく?でした。
どういう気圧配置なのかなー。

帰りはみんなでチンタラ帰りました。

さて、今晩のおかずは焼肉♪焼肉♪。
火をおこす組と、足りない食材買出し組と、
いらなくなった錦に置き去りのラシーン(T^T)を回収しに行く組にわかれて行動です。
もちろんボクはラシーンを取りに。
錦の町につくと今日はなにやら盆踊りのお祭りみたいで準備でにぎやかです。
わぁーいいなぁと見ながら、ラシーンを止めてある場所にむかうと途中で立ち入り禁止の
看板が突然立ってます。「へっ?ラシーンは無事?」と思いながらコソコソっと抜けていくと
ラシーンの姿がみえて一安心。とおもったら、ラシーンの横に止めた時には無かったものが
ガンガンとセッティングされている。
お祭りの打ち上げ花火のセッティングが…。「あぁ、ごめんなさいぃー」と花火師さんと思われる
人たちに頭を下げながら、さっさとその場を逃げ出しました。
やべぇ、取りに来るの遅れたらラシーン真っ黒焦げでした。m(_ _)mごめんなさい。

さて、夜の焼肉大会は森田くんと森田くんパパ、トヨさんとちぃちゃん、滝さんも加わって大賑わい。
昨日の若人の酔っ払いバカ話大会とうって変わって、いろんな話が出来ました。
海のゴミ問題とか、シーカヤックレジャーのこれからとか、…とか、…とか。忘れたわけじゃないのよ。
一言では言い表せないだけ。
それにしても、森田くんと森田パパは仲良し。見ていてほほえましいっす。いいなぁ。

さて、オイラは今日で撤収。名古屋へ。帰り深夜の峠道は本当に怖かった。
ちょうど丑三つ時だったし。
なんかカーブを曲がろうとするたびにバックミラーに赤っぽいものが写るの。
もうやめてぇやぁとミラー見んようにして走って、それがただ上のカヤックのスターンを支持している
ロープにストップランプが反射してるだけと気付くまでめっちゃ怖かった。

最終日、16日も楽しかったようです。詳しくはトビウオホームページにて。
あっ、漕いでる写真が一枚もないや。
漕ぎ系とびうお2001お盆ツーリングでした。

関連記事

る。られる。な話。

ある時から
「裏切るのも、裏切られるのもやだな」
と強く感じるようになりました。

最近、
そう思うのって、ひょっとして人間として、人として終わってる?
なんて考えたりもしてきました。

あぁ、もちろん裏切るのはいけないことだよね。うん。
られるの方ね。
られる。

もともと無口な僕ですが
ちょっと前、友人に
「最近しゃべんないね。他人の事信用してないんちゃう」
といわれた時には、
さすがにドキッとしましたよ。

裏切られるのはいやだよね。
怖いよね。

ぜったい裏切られない方法。

人を信用しない…

だぁー、後ろ向きすぎだっつー。

なんでこんな話かいてんだろ?
最初の「ある時」の話をしようと思ったのに。

とりあえず締めを。

怖がったら負け。
人生まけ。

いくのみ!

つづく…

関連記事


月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。