ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
4
6
8
11
14
17
18
20
24
29
31
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のため?

震える岩ってのを
読んでるとこなんだけど

他人様のことを
当て推量するのだから
言葉を選ばなくてはいけない

という言葉に目が止まっちゃったのです。

あらためて
気をつけんとなぁと
思いつつ

それって何のためだっけ?
と考える

自分のため?
その人のため?
周りの人のため?
物事のため?

( ̄- ̄)


ちなみに今読書中は
震える岩―霊験お初捕物控
宮部 みゆき
4062635909


シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは
ジョセフ・シュガーマン 佐藤 昌弘 石原 薫
4894512203
これ

関連記事
スポンサーサイト

きみのカケラ 5 高橋 しん

きみのカケラ 5 (5)
高橋 しん
4091266150


あぁなんか
もののけ姫思い出した

辿り着けるんかなぁ

関連記事

自分で選べばいい

悩むことは
悩まないよりはいい

そこに意思が存在するから

悩んだら
あとは選べばいい

自分で選べばいい

間違えたら
後悔すればいい

後悔するのは
自分が選んだから

自分で選べばいい


てのなことを考えていた
湯船のなかで

関連記事

川の深さは 福井 晴敏

川の深さは
福井 晴敏
4062738279


ひきこまれるね。
熱いおっちゃんに。

熱いっていうのかな?
ばかでぶきっちょな生き方

なんで惹かれるのだろうねぇ

出版社/著者からの内容紹介
命をかけて守るべき人が君にはいるだろうか。

「彼女を守る。それがおれの任務だ」傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、少年を匿(かくま)い、底なしの川に引き込まれてゆく。やがて浮かび上がる敵の正体。風化しかけた地下鉄テロ事件の真相が教える、この国の暗部とは。 出版界の話題を独占した必涙の処女作。

関連記事

洗車日和

060326_1330~01
今日は海に行くつもりだったけど
昨日の疲れ(ショック?)が抜けず
家でひさびさの洗車なんぞしています

…1年以上ぶり?

060326_1333~01

洗車してたら
相方が中の掃除をはじめた

4月からこの車で
相方は出勤することになる

汚い車に乗る気はないらしい

060326_1407~01

相方が通勤で使うので
完全に禁煙車になってしまった

車内を
きれいにされたので
吸ったら一発バレだな…
Σ(´□`;)ハゥ

関連記事

初寝過ごしと誕生日

今日とうとうやってしまった

電車通勤5ヶ月目にして
帰りの電車で
自宅最寄り駅を寝過ごしたですよ

一個前の駅まで本を読んでて
さぁ次で降りようと
本を閉じたアト
次の記憶は降りる駅を通り過ぎたアトでした…(T^T)

事態に気づいて次の駅で降りて
反対方向のホームで
電車待っている間
なんか一気に疲れが倍増するね
Σ(∇ ̄;)アウッ…

けいきねくた
家にたどりついたら
相方の手作りケーキと
お義母さんからネクタイが
待っていた
ヽ(^◇^*)/ ワーイ

そう昨日は私の誕生日なのでした
昨日はお互い忙しかったから
今日ケーキなのだ♪
うれしー

昨日は義妹さんからも
携帯おめでとうメールが届くし

あぁ家族っていいなぁ
って感じ
('-'*)フフ

関連記事

星々の舟 村山 由佳

星々の舟
星々の舟
村山 由佳
4167709015


家族をめぐるお話
一話一話別の家族の視点で
流れていきます

不幸というか
それぞれが悲しい人生を
送っていくなか
最後に何かを掴んでいる気もします

与えられたものなのか
掴み取ったものなのか

きっと考えたからだろうな
自分をそんな中で
ずっと考え続けたからだろう

そんな気がする


 幸福とは呼べぬ幸せも
 あるのかもしれない


かぁ…


「BOOK」データベースより
禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄、そして父は戦争の傷痕を抱いて―愛とは、家族とはなにか。こころふるえる感動の物語。

関連記事

トレーの上に

高校生までの生活は給食スタイル
大学生になったら
セルフレストランスタイル


去年シーズキャリアリサーチの吉田さんが
大学生に話していたのを聞いた言葉です

高校までは給食のように
まわりが自分のために栄養のあるものを
自分のトレーの中に入れてくれた
大学での生活は
セルフレストランのように
与えられたものから
自分のトレーに
自分で選んでのせていくことになる
あなたのトレーに何をのせていきますか?

という感じの話でした


今日
考え事していて
フトこのこと思い出したのです

『じゃあ社会人は?』ってこと
自分の中で改めて再確認したのでした

関連記事

一行でもいいから

おすそちーず

相方が職場に
もっていくように作った
チーズケーキの
お裾分けをいただく

(*≧m≦) オイシスィ~!!



とあるページで
古い中日新聞の記事を見つけた

あのね
ゼロの日を作らなければいいのよ

一日に一ページでも
一行でもいいから
本を読むとかね

それが大きな成果を
呼ぶわ


どっかの助教授の言葉らしいのだが

なんか勇気をもらった気分

関連記事

Nana (14) 矢沢 あい

Nana (14)
矢沢 あい
4088566602
相方の義妹から借りている
NANA
14巻まできました

うー( ̄~ ̄;)
どうなっちゃうのだ?
気になってしょうがない

いっしょに読んでいる
相方の反応がおもしろい

「うードロドロしてるよ」

とみょうに暗い顔してたり
っていうかマジで落ち込んでいたり。
それでいて
読むことをやめられないらしい。
一巻読み終えるたびに
暗い顔
タクミがゆるせんらしいです。
(^◇^;)


読んでいて
人ってほんといろんな価値観が
あるのだなぁと思ったです

違うや
「いろんな価値観をもってる」
じゃないな

基本的な価値観は
たぶん誰もが似通っているけど
人によって優先順位がちがうのだなぁと


大切にしたいことの
優先順位が
ちょこっと違うだけなのだ

読んでいて
そのこと再認識したのでした

NANAの登場人物をみていて
相方の反応をみていて
そう思った



話は変わるのですが
Nana (12)
矢沢 あい
4088565991
12巻の表紙をみて
まことちゃんを思い出したよ
まことちゃん (1)
楳図 かずお
4091227414


関連記事

来たな。プレッシャーっ!!

『来たな。プレッシャーっ!!』
と言ったのはシャアだったっけ

新人よ

先日、久々にウチに入ることになった新人と
飲む機会があった

話している最中に
おもわず
「とりあえずの目標は俺やな」
「抜いてみな」
と言っちゃった。

めっちゃドキドキしたっつーの。
勇気いったぁ~(^▽^;)

新人さん達は
きっと冗談だと受け取っただろうけど

こっちは結構本気です
抜かれないために
必死こいて逃げ切ろうっと

あぁ逃げちゃ駄目だった
(^◇^;)


それにしても
ドキドキしたなぁ

関連記事

劫尽童女 恩田 陸

劫尽童女
恩田 陸
4334738559
ホラー?SF?ファンタジー?
これを恩田さんっぽいというのかなぁ
不思議だな

出だしは緻密に練りこまれた話の展開で
「やられたぁ」と
引き込まれていく

話が進むに連れて
どんどん話が大きくなって
???(゚ー゚*)ン?
とすこし思いつつも
話は大きくなりつつ
遥ちゃんの心に絞っていく


遥ちゃんほんとに小学生なのか?
読み進めていて
そのことをすっかり忘れてしまう
周りの環境なのかなぁ

読み終えて
遥が自分を探しもとめる話
なんだなぁと思う
あとがきみたら
青春物語とも書いてある

…反発してしまう
少し心の中で反発してしまうのである

自分を捜し求めるのは
若者の特権じゃねぇぞぉ~
(* ̄0 ̄)/

って。
ちょっと

 世界と直面する思春期に
 自分と世界について考える絶好の手がかり


若者はこれからだけど
おじさんは残りが若者より短い分
切実なのだ

人生を半分(?)すぎて
おじさんも残りの人生を
自分を模索してチャレンジし続けるのだ


「BOOK」データベースより
父・伊勢崎博士の手で容易ならぬ超能力を与えられた少女・遥。彼ら親子は、属していた秘密組織「ZOO」から逃亡していた。そして、七年を経て、組織の追っ手により、再び戦いの中へ身を投じることに!激闘で父を失った遥は、やはり特殊能力を持つ犬・アレキサンダーと孤児院に身を潜めるが―。殺戮、数奇な運命、成長する少女。彼女の行く手に待つのは何か

関連記事

できない。…何が?

ぴんぐさら
相方の車は
4月から義妹のモノと
なることになった

そんなわけで
今日はおいらの車を
運転する練習がてら
相方の4月からの新勤務地までの
通勤練習がてら
ドライブに

ドライブしてると
なんかひさしぶりに
休日をゆっくりしてる感じ
いい天気だし

帰りにミスドで昼食
ポイントたまって
ピングー皿セットをゲット
夕食さっそく使って
麻婆豆腐をたべる
(*≧m≦) オイシスィ~!!

 

関連記事

月の裏側 恩田 陸

月の裏側
恩田 陸
4344402626

あぁ
その感覚わかるよなぁ

というか

それって
遠い昔に考えたことあったっけ

みたいな
何か心の奥底で忘れていた感覚が
呼び起された気持ちになる

なんだろなこれ

子供の頃
ひとりで寝付くまでの間
暗闇の中で
考えていたような
ちょっと怖いような想像の世界みたいな


柳川行ってみたいなぁ
水って何かそそられるんだよね


「BOOK」データベースより
九州の水郷都市・箭納倉。ここで三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、記憶を喪失したまま。まさか宇宙人による誘拐か、新興宗教による洗脳か、それとも?事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは“人間もどき”の存在に気づく…。

関連記事

ホワイト赤福

ホワイト赤福

一日遅れの
ホワイトデーは
帰りの電車で購入した赤福

相方大喜びで
(^。^;)ホッ!

職場のはまだ買ってない…

関連記事

剣客商売読本 池波 正太郎

剣客商売読本
池波 正太郎
4101157510

はまると
突き進んでしまう
今日この頃です

なんか剣客商売や池波先生の
好きな人が集まって
あれやこれや
しゃべっている感じの本

心地よいのは
きっと剣客商売がもっているもの
池波先生のお人柄からなんだろうなぁ

関連記事

ないしょないしょのつづき

昨日かいてて
なんかしっくりこないので
やめてしまったのですが
やっぱりしっくりこないので
つづき

 しあわせって
 いろんな形であるのだなぁと
 思うのです


っていうよりは

いろんな生き方を
 選択するのだなぁ
いろんな幸せを
 選択するのだなぁ

と思ったのだ
主体的に選択をする


お福が選択をした時の
小兵衛が選択した自分の態度に
そうかぁと思ったのだな

認めるってのは
勇気がいることだ

関連記事

ないしょないしょ 池波 正太郎

ないしょないしょ―剣客商売番外編
池波 正太郎
4101157499

剣客商売の番外編です
これでエッセイとかはずして
剣客商売系は読み終わり

お福さんという
一人の女性の生涯を描いた話です

しあわせって
いろんな形であるのだなぁと
思うのです

うん


【追記:2006年3月13日

関連記事

Nana 矢沢 あい

Nana (10)
矢沢 あい
4088565282

相方が義妹から借りてきたので
いっしょにおよばれして
読んでおります
とりあえず10巻まで読了

なんじゃそりゃ?
みてらんないよ~

とか最初は思いながら
読んでおりましたが

そのうち
まぁそういう生き方も
ありかなとも思えてきた

正解は自分で決めりゃいいし
答えは自分の中にあるだろうし


なーんてコトを
考えていたら
他の人の生き方を認めていくうちに
なんか自分の存在が
希薄に思えてきたりもしてきた

自分も生き方あるんだろうけどね
なんとなく

話には関係ないけどね

関連記事

黒白 池波 正太郎

黒白 上巻 新装版 新潮文庫 い 17-17 剣客商売 番外編
池波 正太郎
4101157472


うむ。
読み終えて
ふとタイトルに立ち戻ると

そうかぁ( ̄- ̄)

と深くしみじみしてしまった


小兵衛の若き日のエピソード
剣客商売の登場人物達が生まれてないけども
彼らが出てくる土台が垣間見れて何か楽しい
そんな中この物語の主人公?波切八郎の生き方に
いろいろひきこまれてしまいます


黒と白

表と裏というよりは
黒と白
悪人といえど白があり
善人といえど黒がある

同じことでも
見る方向によって変わる

人の中にある
さまざまな白と黒

そうかぁ


最後のシーン
波川さんの姿を見たとき
小兵衛といっしょに
わけもなく目頭があつくなっちゃいました


黒白 下巻 新装版 新潮文庫 い 17-18 剣客商売 番外編
池波 正太郎
4101157480

(「BOOK」データベースより)
-上巻
祖父の代から目黒に道場を構えていた小野派一刀流の剣客・波切八郎は、御前試合の決勝で敗れた秋山小兵衛に真剣勝負を挑み、小兵衛は二年後の勝負を約した。それを待つ身でありながら八郎は、辻斬り魔に堕ちた門弟に自首を促すことができずに成敗してしまう。道場を出奔し浪々の身となった八郎は、想いを通じた座敷女中のお信にそそのかされるまま、お信の敵、高木勘蔵を討つ。
-下巻
真剣勝負のその日、波切八郎はついに姿を現わさなかった。しかし秋山小兵衛はなぜか八郎を憎めない。一流の剣客が約束を違えるとはよほどの事がその身を襲ったからであり、実際、道場出奔後、八郎の運命は激烈に転変し、見えない勢力に操られ人斬りを重ねる日々であった。対照的な生き方をとる二人は、互いへの想いを断てぬまま思いがけぬ所で…。「剣客商売」ファン必読の番外編。

関連記事

コーチングが人を活かす 鈴木 義幸

こーちんぐ砂

去年、仲間と自主学習会で
やった中身の復習をかねて読んでみました

あらためて文章を読んで
頭の中を整理

読んでいて
この一年間の経験の中で
あらためて考えたことも多かったし
新しく考えたことも多かったっす

結構、意識から遠のいているのだよなぁ
思い出すのは
「しまったなぁ」と後からのことが多い

その場では
とっさに反応が取れていなかったり
気づかずにいたり

きっと
「しまったなぁ」と思ったあと
「次の場面ではこうしよう」と
次の場面がやってくるのを待っているから
忘れてしまうのかも

「しまったなぁ」のあと
そのしまったなぁに対して
明日できることを考えて実行するように
しよっと

なーんてことを再確認

コーチングが人を活かす―やる気と能力を引きだす最新のコミュニケーション技術
鈴木 義幸
4887591195

内容(「MARC」データベースより)
コーチングを現場で実践できるよう、すぐに試せる50のスキルを解説。相手の中から答を引きだす、安心感と自信を与える、未来への夢を抱かせる、新しい視点を与える、自発的な行動を促すなどのコーチングの秘訣を紹介する。

関連記事

アシュリー アシュリー・ヘギ

アシュリー ~All About Ashley~
アシュリー・ヘギ
4594051146

学べることの多い人だなぁと
あらためておもったです

本に書かれた言葉だけなら
ありきたりな言葉かもしれない

ドキュメンタリーなどを通して
彼女の実際の言動を見聞きしているので
言葉以上のメッセージが伝わってくる

尊敬する人の一人だな
内容(「BOOK」データベースより)
世界でわずか約30~40人の早期老化症(プロジェリア)の子ども。人の10倍もの速さで年をとる彼らの平均寿命は、13歳である。限られたみじかい命を精一杯生きているアシュリー。14歳になり、プロジェリア患者の平均寿命を越えたいま、自分のこと、病気のこと、命のこと、家族、そして最愛の親友のことを自分のことばで懸命に語る。

関連記事

頭から離れないです…

時代に乗り遅れているっぽいですが
日曜日から『鍬方ツマミ』
歌が耳からはなれません…

関連記事

二十番斬り/浮沈 池波 正太郎

浮沈・二十番斬り
浮沈
池波 正太郎
二十番斬り
池波 正太郎

剣客商売十五巻十六巻を読み終えました
これにて剣客商売も(番外編を除いて)
池波先生が亡くなって終了とのこと

今更ながら
にわか池波さんファンとなったのですが
(亡くなっている事も
 読み始めるまで知らなかったです)
すこしさびしいですね

浮沈を読んでいて
武士社会が破綻していく中
どのような行き様を選ぶかを
物語の人々の中を
特に平松伊太郎通して
問いかけているような気がして

さてはて今の時代

そんな中
作中には出てないですが
大治郎が今後どんな剣客になっていくのか
気になったりしますね

関連記事

のどやられた…

すなむしゃ

金曜日の朝
のどの調子悪いなぁ
と思っていたら

土曜日
目覚めたら声がでない…
どうやら風邪をひいたらしい

頭がぼーっとするものの
食欲もあり
のどが痛いだけの風邪

熱も昨日のお昼をピークに
下がりつつある

この時期
インフルエンザでなくてよかった
(^。^;)

 

関連記事

ひなまつり

20060303212410
祝・初ひな祭り
シュークリームだよん
( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

関連記事

暗殺者 池波 正太郎

暗殺者剣客商売
暗殺者
池波 正太郎
4101157448

波川周蔵の手並みに小兵衛は戦いた。大治郎襲撃の計画を知るや、波川との見えざる糸を感じ小兵衛の血はたぎる。第十四弾、特別長編。


巻が進むに連れて
小兵衛の精神が
少しづつ年老いてくるのがわかる
さびしい気持ちにもなるが
それがまたなにか人間味みたいなものも感じるなぁ

それにしても波川周蔵さんはいいなぁ
妻の静が小さい時の
亡父・深井荘介と亡母との家族を描いた場面が
とても好きなのだな
あんな家庭に
すこし憧れてみたり…

ってこれ以上
無口になってどうする(^◇^;)

関連記事

その幸運は偶然ではないんです! J.D.クランボルツ

その幸運は偶然ではないんです!
J.D.クランボルツ 花田 光世
4478733244

仕事の関係で
この本が紹介されていて読んでみました


 普通にチャンスは
 偶然にやってくるけども
 それに気づいけるか?前向きに対処できるか?
 そのために必要な心の準備は?


簡単に言葉にしちゃうと
「あたりまえじゃん」的なコトが
自分でわかってるつもり以上に
結構自分の心が
まだまだ硬くていろいろ見逃しているかもなぁ
と気づくことが読んでいて多かったです

オープンマインドかぁ


他にもいろいろそうかぁと思うこと多かったです
仕事の場面で、人生の場面で
たくさんの人の事例がのっていて
とてもわかりやすい
元気になる本だと思います



全然関係ないですが

 「チャンスは最大限に生かす。
    それが私の主義だ。」


と言ったのはシャアアズナブルだったっけ
そんな事を思い出した。(^◇^;)

…いや関係あるかな
ある気もしてきた
彼も変わっていったものなぁ。

関連記事


月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。