ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
12
17
19
23
25
30
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートライン

はんばーぐ缶
お義父さんが
職場で自衛隊研修いってきた
(たぶん災害関係かな?)
お土産にとくれた
ハンバーグの缶詰です

美味しいのかどうか
ドキドキっす
o(^o^)o




今日は
新たなスタートラインに
また立ったなぁという気持ちです

これからなんだよな
本当に始まるのは

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。    ジャンル : 日記

ひさびさの遅帰り

久々の遅帰りです

電車の中でお腹が
鳴りっぱなしで
恥ずかしい限り

考えてみりゃ
お昼を11時に食べて
電車の中で11時まわりゃ
12時間後じゃん…そりゃ鳴るわな

それにしても
いっしょの電車のサラリーマン・OLさんには
頭が下がる想いです

遅帰りの楽しみ♪
相方の手紙

060530てがみ

出張先でロッテリアに行ったらしい
(店員)「お飲み物はどうしますか?」

  (相方)『アイスティーで』

「どちらにしますか?」

  『冷たいほうで』

「?」

  『……??』

「…あぁ…レモンとミルクとどちらにしますか?」

恥ずかしかったらしいです

相方をご存知の方は
オロオロしてる場面を
想像してやってください

 

関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

決戦は○曜日?

きゅうりのもと
キュウリシステムの花が咲く
これからが勝負


今日は行動を起こすと
決めていたが
先に奇襲を受けてしまった

((((( ∇|||)…まじっすか?

胸の一時停止ボタンを
連打しまくり
で終わってしまった

仕切りなおし
明後日勝負だっ!!


 

関連記事

テーマ : ひとりごと。    ジャンル : 日記

まだいけるという想い

今日は出張
東海地区のいろいろな
部署の人たちが集まった

いろいろ報告を聞く中
自分の知らないところでも
いろんな人が

 自分を信じている
 スタッフを信じている
 お店を信じている
 利用者の可能性を信じている

そんな想いが感じられた
一日でした

自分もまだまだいける
自分の店もまだまだ先へいける
イメージとともに
自信を持ったのでした


F1モナコGPを観ながら

 『自分はまだいける』

と思えるのはなぜだろうと
ぼんやり考えてた

ドライバー
マシンやクルーをみながら
その想いはどこからくるのだろう
と考えてた


いろんな事例から
先へのイメージを掴むのも
きっかけだろうけど

ちっちゃくても
注目されることがなくても
自分がひとつひとつ越えてきた
経験が大きいんだろうなぁ

取り組みのイメージから
その先のゴールイメージが描けるのも
そこからなんだろうなぁ
きっと


自分はまだいけるっ
自分の店はまだいけるっ
ヨシッ( ̄ヘ ̄)
利用したお客さんの
その先の可能性を信じて


F1といえば昔
高速サーキットだけは
トップチームと渡り合う
レイトンハウスマーチのイワンカペリが
好きだったなぁ

あぁいうレース
また観れないかなぁ

関連記事

テーマ : ひとりごと。    ジャンル : 日記

きゅうり

20060528083915
我が家に
キュウリ供給システムが
導入された

お義父さんが
分けてくれたのだ

できるかなぁ
(*^_^*)

関連記事

EQ―こころの知能指数 ダニエル ゴールマン

EQ―こころの知能指数 EQ―こころの知能指数
ダニエル ゴールマン (1998/09)
講談社
この商品の詳細を見る

「BOOK」データベースより
人の能力はIQでは測れない。人生に成功するかどうかを決めるのはEQ(こころの知能指数)だ。心理学博士ゴールマンの提唱した「EQ」はまたたく間に全世界に広がり、各国で大ベストセラーになった。IQ偏重で歪んだ社会の病理をあばき出し、本当の頭のよさとは何かをわかりやすく説く現代人必読の名著。

だいぶ前からEQって
気になっていたのですが
やっと手にとってみました

 現在進行中の自己の心的状態を認識する

今の自分と照らし合わせながら
読み進めると
いろいろ見えてくることがありました

また、違うとき読むと
また得れるものがちがうんだろうなぁ

またいつか
チェックのために
読んだほうが
いいんだろうなぁと思わせる
本でした。


 

関連記事

帰りの電車の中で

今日実家からの
帰りの電車で
本読む手をやすめて
景色を見ながら
ぼんやり考えていたこと…


読了後の思いってのは
その時の心の中にあるもの
考えていること
に大きく影響されてるんだよなぁ
ってこと

考えてみりゃ
当たり前のことだけども

ブログで
読了記録をつけるようになって
改めておもったのだ

あの時
あんなこと考えていたんだなぁ



話し少しずれて
児童時代の読書感想文って
何かいてたっけ?

そうそう
昔なにかで
ロシアの国語の教育は
名作文学とかをつかって
徹底的に表現の仕方を学ぶ
ってきいてことあるなぁ
(すごく曖昧な記憶…
 思いっきり事実と違うかも)

小学校の頃の
読書感想文って
何を評価されてんだっけ?

覚えていないなぁ



表現力のある人って
すごいよなぁ

言葉で的確に表現できる力って

そんな事を考えながら
帰ってきたのでした

関連記事

テーマ : ひとりごと。    ジャンル : 日記

裏庭 梨木 香歩

裏庭
梨木 香歩
4101253315
「BOOK」データベースより
昔、英国人一家の別荘だった、今では荒れ放題の洋館。高い塀で囲まれた洋館の庭は、近所の子供たちにとって絶好の遊び場だ。その庭に、苦すぎる想い出があり、塀の穴をくぐらなくなって久しい少女、照美は、ある出来事がきっかけとなって、洋館の秘密の「裏庭」へと入りこみ、声を聞いた―教えよう、君に、と。少女の孤独な魂は、こうして冒険の旅に出た。少女自身に出会う旅に。

きたね
ボク的ヒット。

ファンタジー部分に
入り込んだ込んだとき
最初はギャップに「ん?ん?」と感じたけど
どんどん現実と馴染んでいく
後半にかけて過去へ現在へ人へ
いろいろつながって行く感じも好き


傷と向き合うのって
むずかしいよなぁ

傷を見ないように
 先に進むでもなく
傷におぼれていくでもなく

傷とともに生きることって
傷を認めてやることって


最後のレイチェルの言葉

 『日本ではねぇ、マーサ。
  家庭って、
  家の庭って書くんだよ。…』


って言葉も気に入ったよ


関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

情動

20060526234838
『…自分の怒りは
正当だという思い込み…』

( ̄○ ̄;)はっ

第9章「結婚生活の愛憎」で
出てくる話ですが

結婚生活以外のところで
気付いたことがある…

関連記事

車窓

20060526083911
電車にのって
実家に帰るのは
10年以上ぶりだなぁ…

平日に実家に帰る気持ちは
深夜にかかってくる
電話と似てるかも

…違うかな
違うわ

電話がなって
帰るんだもんな

関連記事

我が道を行く

知らない間に
動物占いが60種類にも
増えていたらしい

パートさんに教えてもらったのだ

ライオンなことは
昔のブームでしっていたけど
へぇ~自分はなんだろなと
調べようとしたら

パートさんが
「○○さんはねぇ
 きっと『我が道を行くライオン』ね」
と言う

調べてみたら
まさしくそれでした…


一瞬驚いた

驚いたのは
パートさんが当てたことではなく
パートさんがボクを
『我が道を行く』と予想したこと

自分では感じていなかったけど
そう見られているのかと
驚いたのです

わからんものだなぁ

最初はちょっとショックを受けたけど
そう見られていると
わかったことをプラスにしてみようと思う

ココで調べられるね

 

関連記事

テーマ : 日々のつれづれ    ジャンル : 日記

あなたには帰る家がある 山本 文緒


「BOOK」データベースより
夫は花になど興味がないが、秀明は「紫陽花の花が咲き始めましたね」と言ってくれた。平凡な家庭の主婦・綾子が恋をしたのは、そんな理由からだったかもしれない。そして秀明が恋に落ちたのも、仕事を持つ妻にはない、夕餉の支度をする幸福そうな綾子の姿を見たからなのかもしれない。妻の恋、夫の恋をきっかけに浮き彫りにされるそれぞれの家庭の事情―。「結婚」の意味を問う、恋愛長編小説。


タイトルに目がいって
ほのぼのした感じかなぁと
手にとってみたのです

…ドロドロだよぉ(T^T)
昼ドラみたいだよぅ

山本文緒さんは
 はじめてですが

怖くて怖くても
最後までひきつけられてしまった


誰もがしあわせに
なりたいのだなぁと思った

誰もが家族を
愛しているのだなぁと思った

でも
その思い描くものが一人ひとり違う
つくりかたが違う
表現が違う


違うってわかっていたら
一人でやれると思い込まなければ
できるのかなぁ

言葉でいうのは
簡単か


よくわからないや

ひとつひとつ
こなすことしか


それにしても
真弓さんが
後半変わっていく姿が
興味深かった
悲しいけど

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

おいてきたもの

なんか走っていたら
後のほうから
腐っていってる気がして

逃げるように
さらに走る

そのうち
走っていたら腐ってきたのか

腐ってきたから
走っているのかわからなくなって

ただ走るんだけど
やっぱり腐っていくのです

なんか
置いてきたような気がするんだけども

振り返ってみても
その腐ったもので埋まっていて
何かわからない

だからまた走る



突然のように
そんなイメージが
浮かんできた

おいてきたものは
なんだろう…


関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

一生懸命になれる空気

今日は
とある看護大の大学祭へ
おじゃまする

単科大学の
ちいさな大学祭も
なかなか味があって楽しいものだと
びっくりした

大味じゃなくて
キビって感じ

なんか
一生懸命になれる
空気がいいなぁ


にくま~ん

相方が横浜から
帰ってきたよん

顔をあわせるって
大事ね

今晩はシュウマイ
明日はこの肉まんだよん♪
楽しみ



今の職場に来て
もうすぐ一年

急に前に読んだ
仕事で「一皮むける」
仕事で「一皮むける」

を思い出す

節目かぁ
自分の節目と思えば
心を切り替えることも
出来なくはない

っていうか
その先が想像できれば
( ̄ヘ ̄)ウーン


いろいろ考える
今日この頃

【追記】

っていうか
1年前悩んでいたことと
今の悩みが違うことに気づく

そんでもって2年前とも

悩みの中身が変わっていることを
自分が変わってきていることを
まずは認識しようっと

(* ̄0 ̄)/ よしっ!!


関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

決め付けがちな頭を

友人の結婚式のため
相方が2泊3日で
東京・横浜に行っている

久々の一人の生活
日ごろできないことを
してみようとやってみる

食べ終わった洗い物を
1日ためてみたり

…ショボ(^◇^;)


 巨人に昇れば
 巨人より遠くが見える


実際に巨人をさがそうとしても
巨人の真横にいても
きっと気づかないかもしれないなぁ
とか考えていた

大きすぎて
気づかないみたいな




お風呂はいりながら
ぼーっと
別なことを考えてたんだけど

行き詰まったら
立つ位置をかえてみようかな

なにか見えてくるかな

決めつけがちな頭を
なんとかしたい

ふぅ


明日は何して
すごそうかなぁ…

関連記事

テーマ : つぶやき。。。    ジャンル : 日記

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂 幸太郎

陽気なギャングの日常と襲撃陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎

終末のフール 陽気なギャングが地球を回す 死神の精度 砂漠

by G-Tools
「MARC」データベースより
人間嘘発見器・成瀬、演説の達人・響野、天才スリ・久遠、正確無比な体内時計の持ち主・雪子。史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。しかし…。「陽気なギャングが地球を回す」に続く第2弾。

前作同様
やっぱり痛快でオモシロイ

読み進めていると
なんか楽しく立体パズルを
組み立ててる気分がするんだよねぇ

そういや
映画もうやってんだよね
観にいってこようかなぁ
単純に何も考えず楽しめる気がするし



 巨人に昇れば、巨人より遠くが見える

作中のイチタイトル
巨人…自分にとって
いま巨人ってだれなんかなぁと
思ったりした

巨人と出会う偶然を
作り出すには
さてはて、どうしよっかな


関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ことば

昨日だったか
外回り中の車のラジオから

 今の若者はカッコには気を使うのに
 言葉には気を使わない
 カッコは鏡で確認できるけど
 言葉はそうはいかんでねぇ
 言葉は垂れ流しだでねぇ


てな感じのことを言っていた
ほぉ~と思った

若者どうこうって話でなく
 カッコは鏡で確認できるけど
 言葉はそうはいかんでねぇ

ってとこに。



言葉といえば

昨日
「あんたぁ
 それをいっちゃぁお終いよ…」
って思うコトを言われてしまった

「それを言っちゃぁ終いよ」
とガクヾ(_ _。)って
もう壁を作ってしまってもよいのだけど

相手にとっちゃ
それが真実なんだろうなぁ


関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

99%の誘拐 岡嶋 二人

99%の誘拐99%の誘拐
岡嶋 二人

そして扉が閉ざされた クラインの壺 チョコレートゲーム 半落ち チョコレートゲーム

by G-Tools
「BOOK」データベースより
末期ガンに冒された男が、病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには八年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして十二年後、かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され、前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。第十回吉川英治文学新人賞受賞作。

どなたかのブログで
お見かけして手にとって見ました
 すぐ忘れちゃうんだよなぁ
 はてなのブックマークの技を覚えたので
 今度からは大丈夫っす(^◇^;)



大きな謎解解きはないですが
スピード感がいいのと
なんか犯人を応援したくなり
「バレませんように。バレませんように。
 (バレチャウノカナ。バレチャウノカナ。)」
とハラハラドキドキして読み終えました

最後の締め方もボク的には好きです


それにしても
作中に懐かしい言葉が

「パソコン通信」
「カプラ」「ラップトップ」とか

いろいろ出てきて
それでいてそれが重要なアイテムで
なんか理系少年だった頃を思い出して
読んでいて楽しかったなぁ


皆さんのお話を聞いていると
「クラインの坪」を評価する方が
多いみたいですね
今度読んでみようっと。

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

見ようと思うものしか…

養老の滝で買った
サイダーを飲むのを忘れてた

養老ソーダ?
養老山麓のおいしい水で作った
サイダーです

お味は♪



サイダーは
やっぱりサイダーかな
(^◇^;)

People only see what they are prepared to see.
                  Ralph Waldo Emerson
昨日の続きで
もうちょっと考えてみた

聞こうとする一方
聞こう聞こうと思っていても

自分の前に
フィルターみたいなものがあって
自分の都合のよい言葉しか
入ってこないというか
選択して掴み取ろうとしてしまうのだな

「その言葉をまってました」
みたいな

掴み取れないと
ヾ(_ _。)がっくしみたいな



関連記事

テーマ : ひとりごと。    ジャンル : 日記

受け手の経験にもとづいた言葉

ソクラテスは
「大工と話すときは、大工の言葉を使え」と説いた

コミュニケーションは
受け手の言葉を使わなければ成立しない

受け手の経験にもとづいた
言葉を使わなければならない。
                P.F.ドラッカー

考え事をしていて
何気にぺろーんと
本を開いたページに書かれてた


『受け手の経験にもとづいた言葉…』

どうしたら
相手に伝わるのかなぁと
今度考えるときの
一つの見方にきちんと加えとこう

結構忘れがち…

っていうか
自分の想いを伝えようと
必死になってしまうのだなぁ
(一方通行に)


仕事の哲学
仕事の哲学




関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

思い立ったら吉日ということで

結婚してから意識しだした
『家を建てる』ことへの
漠然とした想い

っていうか
何から考えればいいのだろう…

せきすいはいむ
あまりにも漠然としているので
思い立ったら吉日と
モデルハウスへ行ってきた

とりあえず
セキスイハイムのお家へ

「何も知識ないっす。
 何から考えるのかもわからないっす」と
正直に話したら
担当さんが一つ一つ丁寧に教えてくれた

話し口調が素敵だ
この担当さん
( ̄∇ ̄+) キラキラキラ~♪


今日聞いた話は
自分たちの年収や貯金や年齢で
どれぐらいの予算で家を建てれるか
ってこのと概算

なるほどなぁ
と思うことばかり
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・


とりあえず今日は
何も無かった砂漠が
遠くにつながる細~い道のある
平原に変わったかな?

さてほんとに建てるのか
いつたてるのか…

関連記事

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

εに誓って 森 博嗣

εに誓ってεに誓って
森 博嗣

τになるまで待って レタス・フライ Θ(シータ)は遊んでくれたよ 大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven

by G-Tools

「MARC」データベースより
山吹と加部谷が乗車していた高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には《εに誓って》という名前の謎の団体客が…。


ラストで事件が解き明かされるとき
回らない頭で一生懸命考えてしまった
「あれがこうなって…これがここでしょ…」
森作品で久々に楽しく考えてしまった気がする

しかし、赤柳さんは誰なんだろう

結局真賀田四季は何だったのだ
ほんとに関わってるの?

…Gシリーズにはめられてるなぁ




…そうじゃないと
どう反応すれば良いのかがわからない。

反応できないものは収まりが悪い
というだけなのです。

結局は収納の問題で…

赤柳さんと海月君の問答
結構好きだな。

社会的な現象の話だけども
身近な日常で思い返してみると
結構ふふふ(ありゃりゃ)と
考えてしまう

わかったふりは
簡単だなぁ

ヾ(_ _。)ハンセイ…

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ふたば

ふたば

雨の庭にて
ぼーっと見てたら
りっぱな双葉を発見


雑草って
不思議だなぁ

抜いても抜いても
きりが無い

そこに生えた
偶然

抜かれずに
生き残った偶然

抜いた後から
生まれてきた偶然

不思議だ

関連記事

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

コールドゲーム 荻原 浩

コールドゲームコールドゲーム
荻原 浩

誘拐ラプソディー 噂 オロロ畑でつかまえて なかよし小鳩組 ハードボイルド・エッグ

by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが―。やるせない真実、驚愕の結末。高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。


取り扱っているテーマが『いじめ』だからか
読んでいてトーンが上いったり
下いったり…

4年という時間が
重いなぁ

流れてしまった時間

今という時間も
すぐ流れていってしまう


過去を正当化することは
何ぼでもできる
過去を正当化すれば
今も同じく正当化できる



 心に刻んで
  今をいきる

コトしかできないかなぁ



関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

GO 金城 一紀

「BOOK」データベースより
僕は何者?日本で生まれ、日本で育ったけれど、僕は“在日”と呼ばれる。元ボクサーのオヤジに鍛えられ、これまで喧嘩二十三戦無敗。ある日僕は恋に落ちた。彼女はムチャクチャ可愛らしい“日本人”だった―。軽快なテンポとさわやかな筆致で差別や国境を一蹴する、感動の青春恋愛小説。直木賞受賞作。


父ちゃん
かっこいい~

「選べ」
と息子に暗に生き方を選択させる
父ちゃん


「自分で選べ」と厳しく
突き放しといといて

やっぱり息子が心配でならない
おちゃめな父ちゃんがかわいい


当人じゃない他人には
やっぱり「わかるよ」とはいえない

さまざまな環境は
あるけでも
自分の生き方は
自分で決めることができる

それを
あらためて考えたです。

それにしても
父ちゃんかっこいい
( ̄∇ ̄+) キラキラキラ~♪

 『ノ・ソイ・コレアーノ
  ニ・ソイ・ハポネス
  ジョ・ソイ・デサライガード』



GO
金城 一紀

GO
SPEED 対話篇 レヴォリューション No.3 フライ、ダディ、フライ レヴォリューションNo.3
by G-Tools

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

肯定的に

米光一成さんが書かれている
ブログ文章術』を
毎週楽しみに読んでいる

5月8日の記事
好きなものからはじめよう2』で

このように、「嫌い」のパワーで何かを言うと喧嘩になりやすい。
また嫌いなモノについて批判する場合、おうおうにして人はえらそうになってしまう。視野狭窄に陥りやすい。
何かを下に見ているように読めてしまう。それを回避しながら冷静に書くのは、とても技術が必要です。

と書かれているのに
そうだよなぁと思ったです

ブログに関わってだけでなく
日常でも。

ブログには、取り上げたことに関する情報が集まってくる性質がある。
嫌いなモノを取り上げて、同じモノを同じように嫌いな人が、それを補強する情報や、そうそうというコメントを寄せてくれるかもしれない。
あなたは、嫌いなモノを集めたいのだろうか?

日頃、ブログ以外でも
情報収集のためにアンテナをはる

相手から見た自分のアンテナも
重要なのだなぁと
あらためて考えたですよ



話はすこしずれるけど
去年

『目標は肯定的に表現する』

というのを
聞いたことを思い出したっす

 

関連記事

テーマ : つぶやき    ジャンル : 日記

いちばん初めにあった海 加納 朋子

千波が見つけた一冊の本と未開封の手紙。差出人のYUKIとは一体誰なのか。心に深い傷を負ったふたりの女性が、かけがえのない絆によって再生していく姿を描いた、胸いっぱいにひろがるぬくもりあふれたミステリー。


“海”というタイトルに惹かれて
手に取った本

加納朋子さんの名前も
よくしらなかったりしたのです

読み始め
なんか乗れない文章だなぁと
思いながらも読んでいたのですが
中盤からどんどんひきこまれてしまった


“いちばん初めにあった海”と
“化石の樹”という2つのお話が収録されています

1つ目を読み終えたとき
すこし中途半端な気持ちが
自分の中に残った

2つ目を読み終えて
しばらくしてから
あぁそうかぁと思った

違う世界のようで
つながったお話


どちらも
とても辛い状況におかれているけど

なにかゆっくり
やさしく
心をときほぐしていってくれるような
気持ちなる


加納朋子さん
ボク的にチェックがはいった
作家さんになったなぁ


いちばん初めにあった海いちばん初めにあった海
加納 朋子

沙羅は和子の名を呼ぶ 月曜日の水玉模様 掌の中の小鳥 ななつのこ 魔法飛行

by G-Tools

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

選択権

伝えたいことは
言葉にしてしまうと
結局同じなのかもしれない

考え事


相手に選択権を
 与えるかどうかが

きっと自分の中で
大切にしたいことなのかな

関連記事

SWEET SAKURA TEA

SAKURATEA

GWの締めくくりは
 いただいた桜の紅茶
SWEETSAKURATEAで…

さくらの香りで
しみじみりぃ

明日から仕事だなぁ
( ̄- ̄)


おっきな夢は描けないけど
またちっさな夢を
一つ一つ描いていこうっと

よし

関連記事

天命反転地だよ

20060506101811
ひそかに面白すぎ( ̄○ ̄;)

 

関連記事


月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。