ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE&FREE 高橋 歩 

LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉
高橋 歩



とあるきっかけで
手にとってみました

どこか外の世界に出たことある人なら
ちがった価値観に圧倒されたことがあるのなら
そして一人の人にふれた事があるのなら
それがそこだけでなく、
世界中にあることを
思い出すのかもしれない。

最初ね
懐かしいなぁと思った。
若い人に発信した本かなぁとね
油断してた

そしたら突然
「あっ!!」ってコトバが書かれてた。

『ハッピーに生きていくために、一番大切なこと。
     それは、きっと、自分を知るということ。』

昔、よく一人旅に出てた頃
旅に出るたびに考えてたことっていうか、
最後に結局考えてたことって
「自分って?」ってことと、
「帰れる場所があるんだなぁ」
っていうことだった。

まわりが、自分が変わっていく中で
変わっていかない自分。
世界中どんな場所でも、どんな小さな場面でも
大切にしたい自分、譲れない自分。
自分が譲れない大切にしたいこと。

それを見つけた自分は
どこだって、
まぁやってけるだろと思えたりもする。

それは見つけたんじゃなくて
決めたのかもしれないけどね。

まだ正解じゃないかもしれないけど
だから、まだ考えたりもしてますが…

それがハッピーってことなのかなぁ
なんてね思ったりしたのです。

読んでいて
またどこかふらっ行きたいなぁと思うけど
たぶんそれは懐かしみからだろうなぁ。
今、したいことあるから。
でもいつかまた、
別のしたいことが出来るかもしれないし
どこかに旅に出るかもしれない
それはそれでいいんだけど
大切にしたいことは変らないんだろうなぁ

そうそう、
「帰る場所があるんだぁ」って考えてたこと
思い出して、ふと考えたんだけど

この秋に結婚したら
「帰る場所」を自分達で
作らなきゃいけないんだなぁ
と今更ながら思い立った。
自分達が帰る場所を、
いつか誰かが帰れる場所を
自分達で作っていかなきゃいけないんだよなぁ。

プロポーズしてから
だーっと準備やらなんやらで
時間をすごしてきているけど
相方とそんな話をこんどゆっくりしよっと。

…最後はオノロケで失礼しました。(*^_^*)
関連記事


 →ロリポップ!←→@YMC←  以前にも書きましたが(ココ)、私は高橋歩さんの大ファンです。今日は高橋歩さんが書いた、書店では手に入らない本をご紹介します。DEAR.WILDCHILD(全5巻)です。これはサンクチュア出版のHPからしか購入することが出来ません.こんにち

Comments

こんにちわ、さささん。
読んでみて
いろいろ考えたですよ。
日本のこともねぇ。
身近のことでさえ
実はよくしらなかったりするんですよねぇ。
Σ(・o・;) アッ
調べてみると
面白かったりするんですよねぇ
うん。
こんにちは。ささです。
とっても素敵なお言葉ありがとうございました。
「自分を知る」それは本当に大切なことですね。
そうしたら、周りの人の優しさも分かる気がする・・・
とても素敵な本ですね。
私も手にとってみます~。
宣伝ではないですが、
「日本を知る」これも大切なことですよ~。
また、遊びに来てください。

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。