ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバーランド 恩田 陸

ネバーランド
恩田 陸



読んでて
スタンドバイミーを思い出した。

あの頃の自分と
今の自分。

今はなんか
悩みを許容して
生きれるようになった気がする

ほったらかすって意味じゃなくて。

それがいいのか悪いのかは
わからないですが。

もうあの頃の気持ちには
戻れない。
それは確かだ。

いつの日にか
彼らと対面する時がきたら
どうするかなぁ?
関連記事


舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。
ジャンル:ミステリー(かなり甘めの青春小説)ネバーランド 恩田陸休みに家に帰らず寮に残った少年4人の7日間の物語。ミステリー性を持ち合わせてはいるが、どちらかというと青春小説。あとがきで作者は萩尾望都の「トーマの心臓」をやりたかったと語っているけぷーちさ

Comments

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。