ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の迷宮 石持浅海

表紙に惹かれて手に取ったです。

水の迷宮
石持 浅海




水族館の中で起こるミステリー小説。

舞台が水族館というだけで
なにか期待してしまいます。

底辺に一人の人間の
ロマンがずっと流れているからか
気持ちよいです。

話のテンポもよくて
ハラハラしたし

結末は?なところもあるのですが
(レイクサイドの時と逆を言うようで申し訳ない)
二人の大きな人間の存在で
心の落ち着くところに
落ちている気が自分的にしました。

違いはなんなのかなぁ。

「分かっているから、みなまで言うな」ってね。
その人が心でいってる気がしたりします。

有栖川さんとこの
火村さんみたいな感じの人かなぁ。
またちょっと違うか。

この作品、気にいったなぁ。
関連記事


水の迷宮石持浅海カッパ・ノベルス(光文社)2004-10-20by G-Tools夢を実現に導くために。事件の謎を解く鍵は、三年前に片山が見た夢。―すべての謎が解き明かされたとき、胸を打つ感動があなたを襲う。初石持作品。「水の迷宮」というタイトルに惹かれるものがあり、3作目こん

Comments

こんにちは!
私もTBさせていただきました。
そうそう結末は?なんですけど、まぁこういう形もありかなぁと私も思います。
相性の合う人、合わない人に分かれているようですね。
この作品のおかげで水族館がより身近になったような気がします。近々是非行きたいですー。
この辺だと名古屋港か鳥羽かしら?
では~。

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。