ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いハウルと火の悪魔

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズ Diana Wynne Jones 西村 醇子

by G-Tools


年末、映画を見に行って
気になったので読んでみました。

「そういうことかぁ」と納得するし、
単純に楽しめましたよ。
原作の方は、きれい?に話が落ち着いています。

映画と原作では、人の設定などが違うのですね。
大きく異なるのは、
戦う相手でしょうか?

って、いうか戦う相手を変わったから
人とかの細かい設定も変わっていったのかな?
そんでもって、
映画は?な部分が増えたっぽく思えました。

単なるファンタジーでなく
映画は、現実社会に照らし合わせて
なにかメッセージを伝えようとしたのかなぁ。

そうそう、映画を見てて、「ハウルの姿」と

最終兵器彼女 (1)
高橋 しん



の「ちせの姿」が重なりました。
うーん。

…あう。映画のほうの話ばっかり。
原作の方、翻訳本だからか、児童書だからか
すこし文章にくせあるけど、
(そう考えるとハリポタってすごいなと思った)
ファンタジーとして面白いです。
気になって2巻も買っちゃったし。
関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。