ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈辱の21世紀初漕ぎ

初漕ぎ!!2月になって初漕ぎだなんて!!
とびうお除名されそうである…。
なんどか行こうと思って仕事終わって土曜夜にカヤックを車に積み込むのだが…
目が覚めると日曜日の昼過ぎって状態が続いてしまった。
天気のいいなかさびしくカヤックをなおすのはさびしい。
そんな事はさておき、とにかく初漕ぎである!!
今回は、万全をとって三重に前日入り。万全である。

そんなわけで古和浦へ。
めっちゃいい天気である。風は少々あったが出廷する頃には風も収まり
いい感じ。相棒はおだけん。

気持ちいい感じでウスヅキ浜へ向かう。
これはいい感じと風もないしオダケンと「湾の外にもちょこっと出れるかな」としゃべりながら
湾を横切って座佐へ向かおうとした時でした。

突然、湾の外に向かって強い風が吹き出しました。
今までに受けた事もない風!!
波はないが、海面は白くなり小さなしわがいっぱい!!
座佐に向かおうにも横っ風をうけて横転しそう。
仕方なく風上なななめに向かって必死に漕ぐ。
どんどん流される。パドルに風受けて沈しそうになる。
反対岸に着いたはいいが、さらに強い風が…
漕ごうとするとパドルに風をうけて沈しそうになるし、
漕がないと風で流されて岸の岩場に打ちつけられそうになる。

めっちゃひっしで漕ぎまくり、何とか灯台までたどり着く。
こんな死ぬ思いをしたのは始めてだ。

古和浦だからってなめちゃだめね。あと一人で出るのもなるべく避けようと思った。
うんうん。

そんなわけで憔悴しきった二人はさらくわへ。
さらくわにはジェームス中村さんが出廷準備していた。
検定試験に向けてがんばる中村さんである。黙々と課題をこなしていました。

それにしても疲れた・怖かった21世紀の初漕ぎでした。

010211

そうそう、車にのっけるカヤックのアタッチメントを横置きから縦置きに買い換えたのです。
乗せ降ろしが今までの1/2から1/3の時間に。
「なんだこのやり易さは!」と驚いちまった。最初から縦置きにすれば良かった。
関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。