ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばん初めにあった海 加納 朋子

千波が見つけた一冊の本と未開封の手紙。差出人のYUKIとは一体誰なのか。心に深い傷を負ったふたりの女性が、かけがえのない絆によって再生していく姿を描いた、胸いっぱいにひろがるぬくもりあふれたミステリー。


“海”というタイトルに惹かれて
手に取った本

加納朋子さんの名前も
よくしらなかったりしたのです

読み始め
なんか乗れない文章だなぁと
思いながらも読んでいたのですが
中盤からどんどんひきこまれてしまった


“いちばん初めにあった海”と
“化石の樹”という2つのお話が収録されています

1つ目を読み終えたとき
すこし中途半端な気持ちが
自分の中に残った

2つ目を読み終えて
しばらくしてから
あぁそうかぁと思った

違う世界のようで
つながったお話


どちらも
とても辛い状況におかれているけど

なにかゆっくり
やさしく
心をときほぐしていってくれるような
気持ちなる


加納朋子さん
ボク的にチェックがはいった
作家さんになったなぁ


いちばん初めにあった海いちばん初めにあった海
加納 朋子

沙羅は和子の名を呼ぶ 月曜日の水玉模様 掌の中の小鳥 ななつのこ 魔法飛行

by G-Tools

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。