ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたには帰る家がある 山本 文緒


「BOOK」データベースより
夫は花になど興味がないが、秀明は「紫陽花の花が咲き始めましたね」と言ってくれた。平凡な家庭の主婦・綾子が恋をしたのは、そんな理由からだったかもしれない。そして秀明が恋に落ちたのも、仕事を持つ妻にはない、夕餉の支度をする幸福そうな綾子の姿を見たからなのかもしれない。妻の恋、夫の恋をきっかけに浮き彫りにされるそれぞれの家庭の事情―。「結婚」の意味を問う、恋愛長編小説。


タイトルに目がいって
ほのぼのした感じかなぁと
手にとってみたのです

…ドロドロだよぉ(T^T)
昼ドラみたいだよぅ

山本文緒さんは
 はじめてですが

怖くて怖くても
最後までひきつけられてしまった


誰もがしあわせに
なりたいのだなぁと思った

誰もが家族を
愛しているのだなぁと思った

でも
その思い描くものが一人ひとり違う
つくりかたが違う
表現が違う


違うってわかっていたら
一人でやれると思い込まなければ
できるのかなぁ

言葉でいうのは
簡単か


よくわからないや

ひとつひとつ
こなすことしか


それにしても
真弓さんが
後半変わっていく姿が
興味深かった
悲しいけど

関連記事

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

「紙婚式」のあらすじを
ちらっとみたけど
やっぱこわそー(‥;)
山本文緒さん。あたし、大好きです。

基本的にどろどろした話ばかり(苦笑)です。けど、怖いけど、とっても惹き付けられる作品ばかりです。

あたしは今「紙婚式」を読んでます。

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。