ほんとぼの 2nd

つれづれに。本のこととかね。最近こども日記?ついーと倉庫?

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のため?。

シゴタノ!さんのところの2005/09/27の記事
仕事のスピードをアップさせるコツ
を読んでいて考えていたのです

「いつもクールに目標を達成する人の【1日 1週間 1ヵ月】 行動習慣」
の中の一つに

 ・残業は一切禁止

が挙げられ
実践しているトリンプ・インターナショナル・ジャパン
紹介されています。

詳しい事はそちらを読んでもらうとして
この話を読んでいて

 自分の頭の中の細胞の
 何割が「出来る」と感じて
 何割が「 (" ̄д ̄)けっ! 」と感じているのかなぁ

と考えていました。

 ※記事の内容は残業自体を問題にしたものでなく
  仕事のスピードアップ・効率化の話です


この一年で、脳の大部分が
「出来る」と考えられるようになったと感じます


それまでも
「出来るはず」という考えは
持っていたと思います


やっぱりこの一年の
体験によるところが大きいかな
思考と体験がリンクしたような気がします


長距離通勤で強制的に
一日のタイムリミットが決められた出来事も大きかったけど
それまでに
藤木美智代先生の「すぐやるスプレー」の話や
いろんなことを知りちょっとづつ実践してきた事も
大きいんだろうなぁ


何より

「効率的に」「スピードアップして」「時間内に」
「『何』をやりたいのか」が大切なのだろうなぁ

書いててそう思いました

おぉまた『What do you want?』



そうそう
記事の締めの言葉
<仕事のスピードをアップさせるコツ>

次のタスクの“下ごしらえ”の時間を確保しておく

これはかなり共感したです('-'*)フフ



さて自分の頭の何割が…
と考えた後

次に自分の周りの何人がどう答えるだろう?

と考えたのです


そして
「残業がね…」
と話し出すのではなく

別の話し出し方があるのだなぁと
これまた
今書いていて気づいたです



関連記事


Comments

Leave a Comment


Body

月別アーカイブ
最近の記事+コメント
book





with Ajax Amazon
 
My Album
 
 
ブログ内検索
 
 
etc.

あわせて読みたいブログパーツ

 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。